失敗しないための家庭教師選び - 進学・受験クチコミ総合サイト

進学・受験クチコミナビHOME> 家庭教師VS個別指導塾VS集団塾比較

失敗しないための家庭教師選び

家庭教師VS個別指導塾VS集団塾比較

個別指導塾又は進学塾から家庭教師へ切り替えたお客様の声をもとに作成

  • 「1年以上、通塾していたのに成績が上がらなかった!」
  • 「個別指導は1対1だと思ってた・・・。」
  • 「どんな講師に指導されているのかわからなかった。」
  • 「クラスが下がったら、先生の質も下がった・・・。」
  • 「個別も家庭教師も同じだと思っていた。」
  家庭教師 個別指導塾 集団塾
授業スタイル 家庭教師 1対1 個別指導塾 1対2 個別指導塾・巡回授業 個別指導塾・集団授業
概要 1人の生徒に対して、
1人の先生が授業を
行う。
2人の生徒に対して
1人の先生が授業を行う。1対1と巡回授業の中間。
3人以上の生徒が居る教室内を数人の先生が巡回して質問に答える。 学校と同様に1人の先生が10~20名程度のクラスに対して授業を行う。
メリット 自分のペースで勉強を進めることができる。先生が常に横にいるので、わからないところを把握できる。 授業料が1対1に比べて割安。巡回授業よりも先生に質問しやすい。 1対1、1対2に比べて授業料が安い。自身で自習できる生徒には気軽に質問するのに適した環境。 大手予備校などでは、全国的に人気のある講師による、質の高い授業を受講できる。友人との競争意識を持たせることができる。
向いている生徒 どこがわからないかわからない。積極的に質問することが苦手である。もっと応用力をつけたい。学校の授業が集団塾だと合わない。塾のフォローが必要。 横に他の生徒がいても気にならない程度に勉強に集中できる。1人である程度問題を解き進めることができる。 自主的に机に向かって勉強することができる。学校 等でも自分からわからない ところを質問できる。 授業についていけるだけの基礎学力がついていて、特に私立のトップレベル校を目
指している。
デメリット 1人の先生を独占するため、授業料がやや高くなりがち。問題の量については、自宅学習で補う必要がある 先生が一人の生徒に説明 をしている間に、もう一方 の生徒に問題を解かせる という形式をとるため、きめ細かなフォローを受けられないことがある。 質問がある時だけ先生に 聞くような形式をとることが 多く、生徒の性格によっては消極的になってしまい、十分に学習効果が得られない場合がある。 クラスのペースで授業が進むので、わからない部分が残ったままでいると授業についていけなくなることがある。
特集コンテンツ

失敗しないための家庭教師選び

家庭教師を紹介してくれる家庭教師センターを比較検討ためには、何を基準に選べばいいのでしょうか

家庭教師VS個別指導塾VS集団塾比較

個別指導塾又は進学塾から家庭教師へ切り替えたお客様の声をもとに徹底比較!

東京で家庭教師を探すNaviサイト

東京都内で家庭教師を経験した生の声を掲載!よい家庭教師選びのポイントとは?

受験に役立つ書籍をご紹介